お金に困っている場合に取る方法は

どういった方法があるのか

お金の返済が出来なくなって最終的に任意整理や民事再生でも分割払いによる返済が出来ない場合は自己破産の手続きを取る事になります。この場合は借金はなくなりますが、生活に一定の制限も出ますので慎重に行っていく必要があります。自己破産に向けての整理を行っている段階で過払い金がある事がわかった場合は回収して返済に充てる事になります。しかし1部に関しては破産者の生活費や申請書類などに充てていく措置が取られます。

過払い金とはどんなもの

過払い金とは現在のような貸し出し金利が法律で決められていなかった時期にグレーゾーンの金利を適用されて多く徴収されてしまったお金です。実際には返済が終わっていなくても金利の額が高いため多く返済しているのです。これは申請すれば戻ってきますから、特に消費者金融などで借りた経験がある人はチェックしたほうがいいです。個人で難しい場合は過払い金回収専門の法律事務所がありますから依頼すると便利です。まずはチェックする事が重要です。

自己破産後に過払い金が発覚した場合は

自己破産後に過払い金の清算が終わっていない事はありえます。それは取引履歴を賃金業者が開示する事を拒んできた歴史があるからです。結果的にそういったお金が自己破産後にも残っている可能性があるのです。賃金業者と争った例もありますが、返済が認められるという判例も出ています。信販会社などでショッピング部分の返済に充てられる場合もあるので、実際に現金が戻ってこない場合もあります。この場合はショッピング部分と相殺されてしまうからです。

自己破産のできる条件として、借金が債権者の収入、資産、負債額等から「支払い不能」となることが挙げられます。