ネットショップの決済方法の主流であるクレジットカード

ネットショップの決済方法

ネットショップの決済でクレジットカードを利用するという方は、4割以上を占めています。クレジットカードの決済が普及した現代においては、カードが使えないネットショップでは買い物をしないという人も少なくありません。もちろん、個人情報の漏えいなどの危惧から、ネットショップの決済ではカードを使わないという人も存在しています。あらゆるユーザーに対応するために、ネットショップ運営側では、代引きや銀行振込など多様な決済方法が用意されています。

クレジットカード決済の利用者のメリット

クレジットカードの決済方法を、ネットショップ運営者が採用することによって、商品を注文した人にすぐに発送することができます。また、ショップ側は即日売り上げを確定することができるというメリットもあります。注文した人も即日発送してもらうことができますし、手持ちのお金がなくても買い物することができ、さらに、クレジットカードのポイントを貯めることもできるというメリットがあります。WEB上で支払いが完了しますので、振込などに金融機関やコンビニまで足を運ぶ必要もありません。

クレジットカード決済の運営者側のメリット

ネットショップ運営側のメリットについては、前述しましたように、即日売り上げを確定させることができるということや、商品代金の未払いのリスクを回避することができるということも挙げられます。また、クレジットカード決済を利用する購入者の方が、現金で支払う購入者に比べて顧客単価が高い傾向があります。これは手持ちの現金がなくても商品を購入することができるという手軽さや、決済のタイミングを選択することができるという自由度が理由となっています。ゆえに、顧客単価が上がるということもメリットとして挙げられます。

クレジットカード決済代行サービスは手数料は掛かるものの、セキリュティーがしっかりしている点や自宅でも買い物が出来るのでネットショップの多くが導入しております。