宅建資格を取るための勉強法

試験の特徴をつかんで勉強する

宅建士の資格試験は、士業のなかでも、過去に出題された本試験問題を理解して覚えれば合格できる試験だと言われています。最近はレベルが高くなりつつあり、初出の問題も多く出題されていますが、そうした問題は合格者でも正解率が低いため、合否への影響は大きくありません。過去問で出題された知識で解ける問題がどれだけ出題されたかで合格点も変わってくるので、過去に出題された本試験問題を繰り返し勉強することが、効率的な点数の取り方となります。

合格の最短ルートを見つける

宅建士資格試験の合格に必要なのは、常にゴールを見据えた勉強を心がけることです。ゴールとは、もちろん試験に合格することですが、具体的には、試験でどう出題されているか、試験で求められている知識は何かを意識することです。テキストをただ読み込むだけでは、理解するだけで時間がかかってしまうため、テキストを読み、学習した範囲の問題を解いてみることが重要になってきます。そして解説を理解するために、テキストに戻って復習する、という流れが効果的な勉強法です。

正誤の決め手となる部分を見極める

テキストには、重要な部分は太字になっていたり、赤字で強調されていたりしますが、なぜその部分が強調されているのかは、実際に問題を解いてみないとわからなかったりします。資格試験で合格点を取るためのテキストなので、強調部分は正誤の決め手となったキーワードや文です。勉強を進めるうえで、テキストにマークを入れるのは重要ですが、ただ闇雲にマークするのではなく、問題を解いてみて、正誤の決め手となった部分を意識してマークすることで、実践的な知識が身につくことになります。

宅建の講座を学ぶ場合は在宅で勉強することも可能です。販売されている教材などを使って自習するのがいいでしょう。