信用取引制度の主な特徴について

より大きな利益を得るために信用取引制度があります

株式投資につきましては、相対的にハイリスクでハイリターンの資産のための運用と評されています。しかしながら、安定感のあるトレードをすれば、それほどまでリスクを取ることなく、それなりのリターンを得ることができます。 そうだとしてもより一層株式投資によって非常に大きく利益を生み出したいという方のためにいわゆる信用取引という手段が確立されています。そして、多くの方が、株式投資において有効に活用されています。

信用取引の基本的知識

信用取引につきましては、分かりやすく言いますと、自分自身が有している資金を上回る株式投資が可能というものになります。個人投資家が、現在のところ持ち合わせている資金であったり、株式を担保に、証券会社より金銭を借り入れします。それから、その借り入れた金銭によってより一層の投資を行って、非常に大きな収益を狙っていくというものになります。 信用取引の信用については、自身に求められる信用ということを意味します。

3倍の取引が可能であり空売りもできます

普通の株式投資は現物取引と称されるものです。これについては自身が持ってる資金の限度内でトレードするものですから、自己資金内しか関係しません。 しかしながら信用取引は最大限で3倍の取引ができます。 また、空売りという方法がとれます。これについては株価が下落していても収益が得られます。証券会社サイドから株を借り、それをマーケットで売ります。しばらくして株価を下げたときに株を買い戻し、証券会社に対して返します。

様々な判断材料があるかと思いますが、その中でも信用取引をする際の手数料の違いは重要になってきます。せっかく売買が成功しても手数料が高いと利益が少なくなるので、会社を見極める必要があります。