社会保険労務士の働き方と仕事内容

社会保険労務士の勤務形態

社会保険労務士の働き方は、大きく分けると2タイプあります。一つ目が、「勤務社会保険労務士」です。これは企業の総務や人事部門に所属して働くというものです。また社労士事務所で働くというケースも同様です。いきなり開業するのは困難なので、言わば修行させて頂くという形となります。二つ目が、「開業社会保険労務士」です。その名の通り、独立開業して働く形です。中には年収1000万円プレイヤーも存在しており、まだまだ根強い人気がある士業です

勤務社会保険労務士の仕事内容

勤務社会保険労務士の仕事内容は、総務や人事部門のあらゆることが仕事となります。社会保険の諸手続きだけでなく、従業員の募集や採用、退職などの雇用問題や賃金管理、労働時間、労働安全、衛生などの相談・指導、就業規則や給与・退職金規定などの作成、相談・指導など多岐に渡ります。総務部門の手続きがメインと思われがちですが、労働者と会社の様々な軋轢を解消する掛橋となる対人能力やコミュニケーション能力が必要となります。

開業社会保険労務士の仕事内容

開業社会保険労務士の仕事内容は、一言では説明できない程幅広い分野に渡ります。1号業務は、社会保険の書類の作成や提出代行です。2号業務は、帳簿書類の作成(労働者名簿、賃金台帳、就業規則等の作成)です。3号業務は、人事や労務に関するコンサルティングです。かつては(現在も)就業規則などがメインの仕事内容でしたが、目まぐるしい変化するビジネス環境に最適なアドバイスを行うコンサルティング業が、ますます需要が見込まれ、稼げる仕事となっています。

社会保険労務士の就業規則とは企業の現状の把握をした上で診断し、就業規則の作成や変更をしてもらうことができます。