税理士に相続税を相談するとお得です

日本の相続税の税率は高い方です

資本主義経済を採用していると、その人の能力次第で、大きな財産を築くことができます。しかし能力が低い人は、それほど大きな財産を築くことができません。すると貧富の差が激しくなるために、社会的な秩序が保てなくなります。このような問題を少しでも改善するために、日本で採用されているのが相続税の法律です。この法律における相続税の税率は、かなり高い方です。例えば六億円を超える財産を残して死亡すると、五十五パーセントもの税金が課せられます。

税理士に相談すると適切な指導が受けられます

いっぽう相続税を課税される国民としては、できるだけ支払う金額を少なくするほうが助かります。そうした点で税理士に相談すると、支払う相続税の金額を減額することも可能です。例えば相続税が課税されるときには、基礎控除額が三千万円設けられています。そのため基礎控除額を超えない財産であれば、相続税の課税対象にはなりません。そこで税理士に相談すると、基礎控除額を超えないような、適切な財産の活用法も指導してもらえます。

相続税の税理士報酬の金額

ただし相続税について税理士に相談すると、報酬を支払わなければなりません。しかし相続税の税理士報酬は、一般的に財産全体の1%程度です。例えば五千万円の財産に対する相続税は、二百万円にもなります。ところが財産を3千万円にすることができれば、相続税は50万円まで減額されるのです。すなわち税理士に相談することによって、百五十万円もの節税ができます。それにも関わらず相続税の税理士報酬は、三十万円程度に過ぎません。したがって相続税が課税されそうなときは、税理士に相談するとお得です。

遺産相続や相続税についての相談なら、税の専門家である相続税の税理士に相談しましょう。問題をしっかりと解決してくれます。