投資初心者のためのおすすめのリスクの少ない運用先選びとは

JーREITなら長期的な運用ができます

J-REITなら初心者の運用先として最適です。投資信託はいろいろな種類の会社の株等を組み合わせて安定した配当を見込むことができるので安心して投資できます。特に不動産投資信託のJ-REITは低金利になりすぎず、金利のリスクや社会の変化に現金や有価証券よりも緩やかに対応することから、長期的な運用を見込むことができます。1口1万円からと低価格の投資が可能なのもメリットです。特定の証券会社に株を所有しているなら、その株を担保に投資をすることもできます。

投資先選びに迷ったら積立投信がおすすめです

投資先を自分で選ぶためには経済学や金利について知らなければならないなどと考え込んでいると投資をするのをやめてしまいたくなります。そんな初心者でも利用しやすいのが銀行がサービスしている積立投信です。定期積立と同じく口座から毎月一定額を自動的に投資に回してくれますし、マネープランにあわせて投資額を設定することができます。希望のファンドを購入できますので、あらかじめ一定の基準を満たした銘柄から選ぶだけで済みます。

やっぱり国債が一番安心かも

投資といえばやはり国債が手堅く、日本の金融の礎にもなっていると考える方も多いのではないでしょうか。個人向け国債の3年、5年、10年と固定金利と変動金利の組み合わせが可能です。額面1万円から購入可能で、口座管理方式になっていますから、手元で保管する必要がなくとても便利です。毎月募集がありますので、気が向いたときに、資金ができたときにと都合にあわせて投資することができます。償還金も口座に振り込まれますから、手間がかからないシンプルな投資先といえます。

ファンドの会社の中には国の認証を受けていないものもあります。認証を受けていないからと言って違法性があるというわけではありませんが、ファンド選びの際は1つのチェックポイントとされるのが良いでしょう。