憧れの司法書士の資格を取るための勉強法!

司法書士試験を受験をするにはどうすればいい?

司法書士には科目数が11科目があり、膨大な量の上に合格率はわずか3%という狭き門です。司法書士試験の合否は総合点では無く、それぞれに足切りがあり、その基準をクリアした人のみが合格を手に入れることができます。また、受験資格は制限はなく、誰でも受験できます。司法書士試験に合格した人は、ほとんどは大学卒業程度の学力で、法学部が多いです。また、合格に必要な勉強時間は3000時間と、膨大な勉強量が必要です。

司法書士試験に独学で合格する方法

司法書士試験にはかかせない本が、「六法」です。試験に持ち込み可で、相棒とも言える存在でしょう。六法は色んなタイプがあり、薄いタイプやミニサイズなどあります。持ち運ぶのに便利な比較的小さいサイズがオススメです。次に勉強の指針となるテキストですが、オートマシステムのテキストがオススメです。わかりやすく、初めて勉強方にオススメです。講義式でわかりやすく、事例も難しいのではなく身の回りの例えを使ったものばかりです。

司法書士試験を合格した後はどうするの?

司法書士試験に合格すること、司法書士事務所に勤めて国家や企業の以来に基づき、法律に関する書類などを代行で作る仕事です。年収は一般的なサラリーマンとさほど変わりませんが、合格率の低さとその重要性で、就職には困らず、当分の間は需要がある資格です。独立をすれば、もっと高い年収を得ることができます。また、身近な人暮らしの法律に関するトラブルも対処する仕事もしているので、様々な法律に関する仕事ができ、とてもやりがいのある仕事です。

司法書士の試験は科目数が多く、難易度の高い国家試験の一つです。なかなか一発合格が難しい試験なので、約3000時間は確保して、受験する必要があります。