行政書士は法律家の登竜門!1回で受からない者は法律家のセンスなし

行政書士試験は、独学で合格可能

数多く存在する法律家の中で、最も資格が取り易いのが行政書士です。弁護士になるための司法試験や司法書士試験は、法律の基礎を知っていなくては、問題を理解することすら出来ず、答えを導くことは到底不可能です。行政書士試験は、ドラマや資格ブームの影響があり、出題問題が難問傾向にありますが、法律の条文を正しく読み解く能力があれば、問題を理解することは可能です。行政書士試験は、大学の法学部を出ていなくても、独学で勉強して合格ができるほど教育環境が整っています。

法律を学ぶには、中古本がお勧め

ネットを使った通信教育で資格を取る方が増えていますが、法律試験の中でも行政書士試験だけは、中卒程度の学力があれば合格可能です。通信教育で行政書士の勉強をするには、5万円ほど掛かります。5万円が高いと感じる方には、中古本がお勧めです。法律書は、新品だと何千円もしますが、中古本だとその10分の1ほどで抑えることができ、ファッションと違い、行政書士試験で出題される法律は、頻繁に改正されないので、中古本でも試験に対応できます。

1回で受からなくては法律家のセンスはない

行政書士試験は簡単といっても、あくまで法律試験の中でのことで、行政書士試験の出題範囲は広く、コツコツ勉強を積み上げる努力を惜しまないと合格は難しいです。法律試験では、民法の理解度が合格に大きな影響を与えますが、民法は千条ほどあり、1条1条勉強していたら合格までに莫大な時間を要します。出題範囲が広い行政書士試験では、いかに効率良く勉強するかが重要となり、その点では通信教育は優れています。5万円の費用が高いと考えるか、年1回の試験に合格できれば安いと考えるかによって、今後の人生が大きく変わっていきます。行政書士試験に複数年掛かるようでは、行政書士として大成することは期待できません。

行政書士の試験に挑戦をするにあたり、予備校や市販品の参考書などを上手く使い分けることが成功につながります。