ビジネスで資格が必要!?企業が取らせるか自分で取るか

資格者が必要な仕事もある

賃貸物件の仲介業を行っている企業に勤務していると、契約に際して重要事項の説明を行う必要があります。しかしその説明ができる人は限られていて、宅地建物取引士という資格を持っている人です。中途採用者であれば、そのような資格を取得している人もいますが、新卒の学生を採用するに際して既に所持している学生はほとんどいないのが現状です。企業が経営を継続する上で必要な資格者であるために、企業としても資格者を採用できないのであれば、今いる社員に取得してもらう必要があります。

企業が取得する環境を提供する

宅地建物取引士の資格者が欲しい企業では、資格取得を促すために、企業が費用を負担してeラーニングを導入しているところもあります。費用を負担する分、業務として扱われて、資格取得が必須となり、eラーニングを開始してから何年以内に取得することが義務付けられていたりします。また通信教育を導入して、社員が契約して実施するものの、もし資格を取得した場合には、通信教育にかかった費用を企業側が負担するという制度を導入しているところもあります。

自己啓発を促す環境づくり

また企業によっては、企業側が積極的にeラーニング等の提供をせずに、社員の自主性に期待するところもあります。そのような企業では取得に際して補助等を一切せずに、資格を取得した場合に、資格手当を支給して給与に加算して支払っているところも多いです。そしてその多くの手当の金額は、1年間支給を受けることで、その資格を取得する際にかかったお金をペイできる程の金額設定になっているところが多く、その魅力で多くの社員がチャレンジしています。

就職や転職に有利ですから、基本情報技術者の試験を受験する方は増えています。確実に合格したいなら、効率的に勉強することが大事です。通信講座ならば、空いた時間を利用できます。